アピラが取り組む事業

介護予防・健康推進の事業

   

健康ちょきんクラブ

 

新庄市の高齢者において「事業対象者」「要支援」の方を対象に、自立支援に特化したサービスを提供しています。いわゆるお預かりデイサービスとは違い、自立支援だけを目的としたサービスです。自立した生活ができるように、機器を使ったトレーニングの他、介護予防に必要なストレッチなどを提供しています。

   

◇介護予防拠点運営

 

山形県最上郡戸沢村で、介護予防拠点運営を行っています。戸沢村民の方が対象で、集いの場・通いの場として日々健康体操を提供しています。いつでも集いの場に足を運んで、参加者とコミュニケーションをとりながら、介護予防に努めることができます。

 

◇通所型サービス

 

山形県最上郡の金山町・舟形町・真室川町・鮭川村において、介護予防を目的とした通所型サービス・集いの場を提供しています。介護予防運動をはじめ、口腔体操・認知症予防プログラムなどを実施しています。新しい仲間が増え、笑顔溢れる集いの場として機能しています。

 

◇健康推進員派遣

 

山形県新庄市・最上郡内において、老人クラブや町内会などのコミュニティへ健康推進員が出向き、健康推進・介護予防などの重要性や、介護予防体操などを提供しています。

コンサルティング事業

 

 

高齢者福祉に関するコンサルティングを行っています。健康寿命を延伸する施策は、増大する医療費・介護費などの社会保障費の伸びを抑制するためでなければなりません。

当法人では、日常生活圏域ニーズ調査・高齢者福祉計画策定など、自治体を中心に健康寿命延伸・介護予防や介護保険料抑制などの施策づくりの基礎となる調査業務、データ作成業務、計画策定業務などを提供しています。

また、今後ニーズが高まる可能性が高い、在宅医療に関する情報共有や、独居老人などの見守りなどのシステム構築に欠かせないICTの推進や、在宅医療推進の施策や医業経営などへのコンサルティングを目指しています。

 

生活支援整備・地域共生社会構築に関する事業

   

◇生活支援体制構築・地域共生社会構築の支援

 

少子高齢化が進む社会の中で、人々が暮らす地域において誰もが役割を持ち、支え合う体制づくりを支援しています。(生活支援コーディネーターとしての機能)

また介護保険サービスにはない、インフォーマルなサービス(生活支援サービス)を創出することを目指しています。

地域包括支援センターに関する事業

   

◇住民のニーズや支援を素早く行政につなげる

 

「要介護状態になる前に支援をしておけば・・・」と対応が遅れて、要介護状態になるケースがあります。それをいち早く自治体の地域包括支援センターへ情報を伝え、素早い支援ができるための「つなぎ」としての機能を実施しています。(地域包括支援センターの補助業務)